後継者に起業をすすめる理由

2020.12.28

後継者は会社を継ぐ前に3年ほど会社を離れて、

起業してみるといいと思います。

大きな事業を目指す必要はないです。

夜鳴きうどんの屋台とかいいんじゃないかと思います。

MBAなんかとるより、絶対いい。

 

起業された方なら経験あると思いますが、どれほど高い志を持っていても、

起業から軌道にのせるのは並大抵の努力ではできません。

起業家のほとんどが躓く最大の理由は、短期の資金繰りに行き詰まることです。

信用なし、実績なし、人脈なしのゼロから築きあげる場合が多いのが起業ですが、

とにかく時間がかかるということ。

 

定めたゴールがあって、最初は勢いよくゴールに向かって進んでいくけど、

あれっ?なんか違う。やっぱこっちか。

あっちにぶつかり、こっちにぶつかり、

ああもうだめだ〜って、たまたま目の前のドアを開けたら成功の道が開けていた。

ほとんどの場合が、そのドアを開く前に資金ショートで辿り着けないというのが現実です。

 

それに対して、同族経営の承継は「リスクの少ない起業」となります。

借金はあっても、すでにキャッシュが回っている点は有利です。

また、銀行との信頼関係があるのは強いです。

これは本当に強い。融資をお願いできる。

なんの実績もない起業家は金を借りることができません。

 

私が起業したころ。

まずは、銀行に法人口座を開設します。

定款と登記簿謄本と実印を持って銀行の窓口で手続きをするのですが、

新規の法人口座を開設する場合は審査があります。

実体のある会社かどうか。反社会勢力に加担してないか。

この二つが審査の主な理由らしいですが、

実績も何もない、

無い無い尽くしの「しょぼい会社の審査」がはたして通るのか、

ドキドキしました。

結局、審査が通って、社会に認められた気がして、

またそれが嬉しくて、

法人担当に挨拶に伺ったが、

門前払いされた。

悔しかったが、まぁそんなもんだろう。

 

同族経営の承継は起業に比べてリスクゼロかというと、

そんなことありません。

今では軽減されましたが、後継者は銀行に個人保証を入れながら、

相続税に伴う自社株資金を準備する必要があります。

また自社株を集中させるため、

いつか訪れる遺産分割協議のことも考えながら、

日ごろの兄弟への気遣いが必要になってきます。

 

起業するということは、

金融機関や取引先、社員との信頼関係の大切さ、

シビアなコスト感覚は自然に身につくのが普通でしょう。

役員や社員に向けて、

自分は「他とは違うなにか」を主張するのに起業の経験は有益です。

もちろん、簡単ではありませんが。