同族会社とは

2020.12.26

同族会社って?

むずかしく考える必要はないのですが、

株主構成の順位で上位3人が親族であれば同族会社です。

と言いたいところですが、

「株主グループ」という概念があります。

このグループの単位として、特殊関係にある個人及び法人と言います。

わかりにくですね。ダークな組織みたいです。

つまり、わかりやすくいうと親族のことです。

 

特殊関係にある個人及び法人

1、株主の親族(配偶者と6親等内の親族・3親等内の姻族)

2、株主の内縁

3、個人株主の使用人

4、株主からの金銭その他資産によって生計を維持しているもの

5、上記のものと生計を一にする親族

 

上記の枠内の1〜5に該当するものがグループに属するわけですが、

1以外は例外と見ていいです。

あ、たまに2に該当する人もいますね笑

 

同族会社の判定は法人税法の規定により次の3つです。

  1. 発行済株式数に対する保有割合
  2. 総議決権数に対する保有割合
  3. 持分会社(合名会社・合資会社・合同会社)は全社員に対する社員数割合

 

上記のいずれかに相当する場合。

発行済株式総数600株 株主構成

株主(父親)165株

株主(長男)110株

株主(次男) 25株

株主(母親)100株

その他    200株

上位3順位の株式数   265株(父親+母親)+110株(長男)+25株(次男)=66.6%

66.6%>50%   50%以上なので同族会社

 

発行済株式数の割合は、

その会社の発行済株式総数のうち、

上位3人で50%超の株式を保有していれば同族会社です。