できる市長、あかん市長

2020.12.25

最近、若い市長をよく目にします。

対照的だな、と思って笑ってしまったのが、

二人の若い市長。

一人は、毛利元就ゆかりの地、

広島県安芸高田市の石丸伸二市長。

もう一人は、なんの変哲もない、

愛知県西尾市の中村健市長。

 

まず、石丸伸二市長。

前回の贈収賄事件の引責で児玉市長が辞職。

後任候補として副市長の竹本氏が立候補を表明。

他に候補者はいない(出さない)として、

児玉−竹本の首すげ替え体制が出来上がる中、

「ちょっと待ったー!」

で対戦相手として立候補したのが、

石丸伸二市長。

(これに引き攣った「すげ替え体制」の狼狽ようを

想像すると笑える。)

完全アウェイのなか、見事当選!

ほんとに勇気ある行動だと思う。

既得権益をぶっ潰して、新しい社会を築いていく、

この姿勢がカッコイイ。

しかし、早速というかお約束というか、

老人議員の嫌がらせにあい、

twitterのフォロワーを味方に応戦する。

時代の手法を駆使するところは新しいが、

古い体制にはよく思われないだろう。

前途多難だが応援する。

頑張ってほしい。

 

もう一人、残念なのは西尾市の中村健市長だ。

西尾市と言えば、コロナ禍で市民に会食自粛を要請しながら、

市議会議員14人がコンパニオンを交えて大宴会をしたと非難された。

この宴会に中村市長も招待されていたが、

彼は、

「この時世なので、今回は中止にしてください」

とは言えなかった。

 

彼は1期(4年)市議会議員を勤めた後、市長に当選している。

任期中に大きな功績を残した実績はない。

裏で忖度があったかどうか、知らない。

彼は既得権益に抗い戦うことはできないだろう。

残念だが、早めにやめたほうがいいと思う。

 

既得権益をぶっ壊すのはそんな古巣にいたんじゃダメなんだ。

最初から潰しに行く覚悟で、

孤軍奮闘しないと、

若い市長なんて、

老人議員に使われてポイだ。

 

蚊帳の外に置かれて、

妨害されることもあるだろう。

でも、市民は新しい世を作ってくれる人を応援するんだ。

がんばれ、

若い市長。

若い社長。