EGBO BLOG

  1. ホーム
  2. エグボブログ
  3. 神戸散歩

神戸散歩

2021.11.08

閑話休題

神戸という街はおもしろい。

東西にビヨーンと延びていて、中心から山と海の間隔が狭い。

バレンシアガで買い物して、すぐ後ろの山で遭難しそうになって、

防波堤で100cm級のハマチを釣る。

そんなことができる都市は、はっきり言う、世界にここだけだ。

同じ関西の京都、大阪とはまた違う魅力があるのも神戸だ。

神戸の東西では、コンパクトでありながら文化が違う。

セレブな東地区とダウンタウンの西地区。

住民や空気そのものまで違う。

神戸っ子は言う。神戸市の西の境界線は新長田までなんだとか。

この東西にぎゅっとシュリンクされた多様性がいい。

司馬遼太郎の小説に「疲れたときは神戸の散歩がちょうどいい」とあったのを思い出した。

確かに、何か考え事をするような時は、机上は落ちつかない。散歩したい。

そんなとき、神戸駅から三ノ宮まで、東西に延びる商店街をぶらりするのがいい。

やはり天神橋筋や河原町をぶらりするのとは違う。

碁盤の目よりも東から西へ、空気のうつろいを感じるのがいい。

気が向けば東へ雲井通りに沿って春日野道まで歩くのもいい。

西は地下にもぐって新開地あたりで昭和を懐かしむのもいい。

同じ都市というより、ときに、あれは文化的閉鎖性と郷土愛の強さを含めて、違う国と思うことがある。

また食文化もおもしろい。

東のカレーそば。

西のぼっかけ。

神戸っ子は言う「神戸は洋食の街やからな」。

街外れの名店が多く存在するのもここ神戸の特徴だ。

地元の人しか行かない老舗の洋食屋。これまたいい。

ご依頼・お問い合わせ

新後継者育成講座のご相談