EGBO BLOG

  1. ホーム
  2. エグボブログ
  3. 第2話 解任されたら、普通のおっさん。

第2話 解任されたら、普通のおっさん。

2021.06.04

後継者の蹉跌

「玄関開けたらサトウのご飯」と言うCMが昔あった。

レンジで2分。ホカホカのご飯がすぐに食べれると表現した傑作だった。

社長もクビになったら、あっと言う間にただのおっさんになる。

 

そう、基本的に取締役のメンバーから外されることになるので、

社員でもなく役員でもない宙ぶらりんの状態だ。

事実上無職で、失業手当もない。

 

株主総会の会場のドアを開けた時は代表取締役社長。

そして、無職のおっさんがドアを閉め退室する。

日常ではあり得ないことが、法律という世界では現実のものとなる。

シュールな世界が当たり前と気づく。

そんな失意のどん底で、課長の田沢とすれ違った。

こいつはいちいち癪にさわる奴で、好きになれない。プライドが高いのも気に入らない。

「おつかれー、、直也くん」

え?一瞬耳を疑った。

確かにいま田沢は私に向かって直也くんと言ったよな。

嘘だろ。ほんの数時間前までは「社長」だったはずだ。

と言うことは、

株主総会の結果をすでに聞いたのか?

いや、こうなる事を前から分かっていたのか?

私は思い切って田沢を呼び止めて聞いてみた。

すると彼はポケットに手を突っ込み、踵を返し、こう言ったのだ。

「ふっ、いま、取締役会が終わったところですよ。

会長を中心に吉見社長と私と咲山さんが新役員に決まりましたよ。

直也くんと佐野の名前はなかったですねぇ、ふっふ(笑)」

ご依頼・お問い合わせ

新後継者育成講座のご相談