EGBO BLOG

  1. ホーム
  2. エグボブログ
  3. 私物を段ボール箱に詰める

私物を段ボール箱に詰める

役員にクーデターを起こされ会社から追放されるまで、誰もいない社長室で、ひとり私物を段ボール箱に詰める。

私物には大量の書物があった。良書や古典、入手が極めて困難なレア物。段ボール10箱分に詰め込んで、2階の倉庫に保管した。

また、最終日に取りに来ればいいと思っていた。いや、そのうち数年経ったら戻って来るだろう、そんな軽い気持ちで倉庫に持って上がった。

結局、2度と戻ることはなく、またその価値を知られることもなく、倉庫の片隅で封印されることになってしまった。

あー、今頃は埃を被って元のオーナーの手元に戻るのを待っているのだろうか。いやいや、社員の誰かが年末の大掃除の時に見つけてヤフオクかメルカリで売却してるかもしれない。

私物を段ボールに詰める作業はつらい。これはやった人でないとわからん感覚だと思うんです。

引っ越しとは違う。なんて言うかな、ひとつひとつの思い出を消していく作業に似てるかな。

ご依頼・お問い合わせ

新後継者育成講座のご相談