EGBO BLOG

  1. ホーム
  2. エグボブログ
  3. 自己啓発セミナーってなんだ?

自己啓発セミナーってなんだ?

2020.12.29

余談

「善意の騙し」ってご存知でしょうか。

善意とは法律用語で知らずにしてしまうことです。

故意にしたのではなく、良かれと思ってしたことが、購入者にとっては期待外れだったということがあります。

起業セミナーや自己啓発セミナーに善意の騙しが多い傾向があります。セミナー全てが善意の騙しとは思いません。講師の何気ない一言が人生を変えるほど衝撃的だったり、普段はないような出会いや気づきなど、素晴らしいものもあるのも事実です。

いっぽうで、詐欺っぽいものから、洗脳していく怪しいのもあります。私はどちらかというと、詐欺的なものが横行してるというよりも、講師の質があまりにも低くて、求めた結果とは程遠いというもの。

意図して騙して代金をせしめるものではありません。これが善意の騙しなんです。

私の経験からお話しします。場所は大阪。大阪駅前の一等地の高層ビルの一室です。

講師は女性。受講者は私ひとりでした。

肝心のセミナー内容は、なんというか、ペラペラの薄っぺらい内容で、根拠とか具体性などいっさい示されず、主観的で、共感のかけらもありませんでした。どこかの自己啓発本をかい摘んで作ったような内容。

そこでいろいろ質問してみました。そうすると、理屈で質問する私を煙たく思ったようで、態度が急変。

とにかく、質問しても「いいんじゃないですかぁ」と掴みどころのない返事ばかりで、残念でした。

セミナー講師でも答えられない質問もあるでしょう。

その場合には、

「ちょっとその質問には今は回答できません」

「後日、しっかり回答させていただきますね」とか、

「正解はいろいろあると思いますが、その中で、私の見解は〜、何故ならば〜、例えば〜、だから〜ではないでしょうか」
という、想定外の質問に対する、講師自身の準備された答えがあるのが普通なのですが、終始ペラペラだったのは残念でした。

悩みを共感したいと、セミナーを受講するかたも多くいらっしゃると思います。
藁をもすがる気持ちで聞いてみたい、と言う願望があるのも良くわかります。
でも、これをビジネスチャンスと捉える人もいます。

もっと恐ろしいのは、善意を騙してしまう内容なんです。
私が経験したそのセミナーは、自分のスキルの低さを知らずに売ってしまうこと。
そして知らずに騙されてしまった私。

その場合、ほとんどの受講者のアンケートは大変良かったか二番目の良かったに⭕️をつけます。そして満足した講師はそのペラペラ商材をいつまでも変えようとしません。

特に安い自己啓発系の、「願えば思い通りになる系」のセミナーは事前情報が必要かもしれませんよ。

ご依頼・お問い合わせ

新後継者育成講座のご相談