40年前の曲に後継者を想う

2020.07.16

 

あったまくるぜ全くよ

苦労もしねぇで***

ぼっちゃま育ちのもやし野郎

いい服まとってへなへなと

ただその家に生まれただけで

なーにが日本の***だ、何にもしねえでふざけんな

 

 

これなんだかわかりますか?

1980年にリリースされたパンクロックバンド

アナーキーの「東京イズバーニング」という曲の一部です。

当時、メンバー5人が国鉄職員の作業服に安全靴で亜無亜危異と書かれたジャケットをみて衝撃を受けました。

同時に当時流行った夜露死苦を連想して失笑したもんです。

収録されたレコードには***の部分はピー音が入っていますが、誰が聞いてもどの単語が入るかすぐにわかります。

この時代ですからコンプライアンスも規制も緩い時代だったので発売ができたのです。

今は廃盤になってますが、CDにはこの曲が未収録となって発売されてます。

彼らに政治的な思想や体制を批判したいわけではなく、ロンドンのパンクに感化されて、

過激がファッションの時代でしたから、過激ブームに乗っただけだと思います。

ですから、それ以上の深い意味はないとは思うのですが、私にはいろんな意味で記憶に刻まれた曲なのです。

 

3代目後継者として生まれた私は、当時中学3年生でした。

進路も決まり、卒業間近の頃この曲を初めて耳にしました。

その時、なんかザワザワした苛立ちとどこかで誰かが嘲笑している感じを受けて

大声で叫びたい気持ちを抑えられずにいたのを覚えています。

 

なんでわかってくれないんだ!

 

この曲が批判している対象は別にあるのですが、

世の中の金持ちのボンボンも対象になっているようです。

努力しても底辺から抜け出せないでいる不満をボンボンに当たっている曲なのです。

 

当時の私が通う中学校の1クラスは約40人。

そのうち自営業が一割、残りの大半は公務員でした。

法人で社長の息子は自分ともう一人。

もう一人の彼は自分の親の会社よりも規模が小さく地味で目立たない感じなので、

周りからは認識すらされていなかった。

だから、自分ばかりが目立ってボンボンと揶揄するヤカラが出てきました。

あまり気にしないようにしてましたし、公務員家庭のようにウチは優しくないと啖呵きってました。

けど、初めてあの曲を聴いたときはショックだった。

自分にあてられた曲に思えてならなかったのです。

苦労もしねぇで***

ぼっちゃま育ちのもやし野郎

いい服まとってへなへなと

ただその家に生まれただけでただその家に生まれただけただその家に生まれただけで

この一節が頭の中でリフレインし自分で自分を苦しめました。

 

当時の日本はバブルに向かって成長のさなかを邁進していました。

地方の中小企業も毎年ベースアップするほどの活気のあった時代でした。

父が経営する会社も順調で、いつも忙しくしている両親の背中を見ながら、

公務員やサラリーマンの家庭よりも生活レベルは高い方なのかな、

と正直感じていました。

持っている物も他人とは違ってちょっといい物を持ってました。

 

でも、なんか複雑な違和感を感じていました。

公務員の友人のところに遊びに行くと5時過ぎにお父さんが帰宅して家族団欒が始まる。

週末には家族揃って遊園地やピクニックに出かける。

でも、私の家庭は違った。

共働きの両親が帰宅するのが8時過ぎで、そこから夕飯の支度するのでいつも9時だった。

寧ろ、それが世間の当たり前だと思っていた。

週末も両親は仕事で留守だった。

放課後、友人は5時には帰宅するが、私はその時間に帰っても誰もいない。

両親が帰宅する時間まで、親の会社の倉庫で一人で遊ぶそんな少年だった。

 

私の家庭は経済的な余裕はあったのは別に私への躾は厳しかった。

トイレを使用したあとのスリッパの位置と向きには特に厳しかった。

後に使用する人のことを考えろという事だった。

口癖は「そんなことでは親方になれねぇぞ」だった。

今思えば、大した教訓だと拝受するが、大人になって生かされてるのか甚だ疑問だ。

 

毎朝4時に起床して、新聞配達を3年間続けた。

これも帝王学の一貫で、生活費が目的ではないので、しんどいし眠いしでこんなことして

何に役に立つのかわからないまま続けていた。

今、思えば結構苦労している中学生だと振り返るが、当時は苦労の比較の対象がわからないので

苦労もしないで、いい物持って、ただその家に生まれただけがコンプレックスの塊となって自分の

中で固着して剥がれずにいた。

同じ境遇にいる後継者、あるいは2代目3代目経営者はこのアナーキーの曲を聴いてどう思うだろう。

 

  • だったら自分がやってみろ。
  • 敗者の遠吠え。
  • 痛いところをつかれたと認めながら否定する。
  • ガキ臭いと全く気にしない。

 

どれかに該当するかと思いますが、

多かれ少なかれ同じ感傷に浸るんではないでしょうか。

 

たまたま、先日ネットで見かけて40年ぶりに聴いてみて、当時の苦しんでる自分に出会いました。

今思えば、40年前の小さな自分はこんな小さなことで悩んでいたのか、と微笑ましくも

感じますが、当時は真剣でしたね。

あのころは恨んでいた両親も今では感謝しかありません。