私物を段ボール箱に詰める

2020.12.30

役員にクーデターを起こされ、

会社から追放されるまで、

誰もいない社長室で、

ひとり私物を段ボール箱に詰める。

 

私物には大量の書物があった。

良書や古典、入手が極めて困難なレア物。

段ボール5箱分に詰め込んで、2階の倉庫に保管した。

 

また、最終日に取りに来ればいいと思っていた。

いや、そのうち数年経ったら戻って来るだろう、

そんな軽い気持ちで倉庫に持って上がった。

結局、2度と戻ることはなく、またその価値を知られることもなく、

倉庫の片隅で封印されることになってしまった。

 

今思えば、持って帰って来ればよかった。

その中にはまた読み返したい良書や貴重な本が少なくない。

 

私物を段ボールに詰める作業はつらい。

これはやった人でないとわからん感覚だと思うんです。

 

引っ越しとは違う。

なんて言うかな、

ひとつひとつの思い出を消していく作業に似てるかな。