人生のターニングポイントを教えてください

2020.12.29

「人生のターニングポイントを教えて下さい」

ある19歳の女性が、面接で訊かれた一言だ。

 

彼女は想定外の質問に慌てふためき、

答えにならない回答をしてしまったことに、

ずいぶん落ち込んでいた。

 

面接の担当者はその質問から、

その人の体験がどのように人を変えて、今に至るのか、

そのストーリーをあなたの人生に持っているか、

を聞きたかったのだと思う。

 

人には必ずターニングポイントがある。

予測してくるものではない。

 

気がつけば、あれが自分のターニングポイントだと、

後になって振り返ると、

「やっぱりそうなんだ」と気がつく。

 

ターニングポイントは良い事ばかりではない。

良いことも、悪いことも順繰りでやって来たように思う。

 

小さなものや大きなものまで、その人それぞれだ。

 

私の記憶に残る一度目のターニングポイントは、

2002年12月5日。

間違いなく、私の人生の転機だった。

 

人生の目標や生きがいを感じることがなく、

ただ、なんとなく生きていた。

 

その日、たまたま、早朝に目が覚めた。

なんとなく散歩した。

 

その散歩が習慣になり、

やがて競歩になり、

ジョギングになって、

1年後にはフルマラソン3時間05分で完走した。

翌年はトライアスロンに挑戦し、もちろん完走した。

 

仕事も余暇も充実して、

全てがうまく回っていった。

 

思考が変わり、行動が変わり、

人間関係も変わった。

 

増収、増益が続き、会社の評判を聞きつけて若い技術者が

全国から集まった。

 

 

そして二度目のターニングポイントは突然やって来た。

2016年3月26日。

マウンテンバイクで転倒〜骨折。

 

介護が必要な生活となり、

歯車が狂うように、何かが変わっていった。

信じられないような出来事が、

これでもかと次から次へとやってきた。

 

走ることも仕事も離れていった。

 

会社もなにもかも失うことに。

 

散歩や骨折は、原因ではない。

転機なんだ。

 

予期しない事が、なんの足音も立てずに突然やってくる。

 

次の転機がくるまで、

今できることを一生懸命にやっていく。

 

そういうことなんだ。

人生のターニングポイントって。