ええとこのボンボン

2020.12.26

創業家の跡継ぎが必ず一度は言われる言葉。

私も子供の頃から言われ続けてきた。

しかし、

ボンボンってなんだ?

一般的には、

ボンボンとは、

華美な生活に甘やかされて育った子息を揶揄する言葉だ。

華美な生活と甘やかす行為は、

投資という観点から見ると、

虚構と無駄しかない。

贅沢と投資は違う。

 

少なくとも中小企業の経営者は子息に投資する。

自分の周りの中小企業の跡継ぎ社長を見回しても、

そんな贅沢で華美な装いをしている人はいない。

少なくとも私の周りは、だが。

 

例えば、牛肉が贅沢品とされていた、幼少の頃、

ステーキを定期的に食べる家庭があったとしても、

それがテーブルマナーという教育で、

子息の将来の仕事や人間関係に、

役立つ観点で言えば、贅沢ではなく投資だ。

 

小学生だった頃、超合金のマジンガーZが、

欲しくて、欲しくてたまらなかった。

父親に言っても絶対無理なので、母親にすがったが、

願いは叶えてもらえなかった。

クラスで数人、超合金を持っていた。

見せびらかしてる奴らがうらやましかった。

彼らの親は自衛隊の幹部で横須賀や佐世保から来た転校生だった。

 

超合金は買ってもらえなかったけど、

本はたくさん買ってもらえた。

塾にも通った。

少林寺拳法も習った。

学費の高い私立の高校に通わせてもらった。

大学も、留学もさせてもらった。

 

投資先として優良銘柄と期待した親だが、

私自身が、

事業承継に失敗した結果を見ると。

 

だから、思う。

自分はやっぱりボンボンだ。